FC2ブログ

記事一覧

第6話 「不正選挙の本考察(3):改憲投票の問題」(JP)




(幅1400サイズ画像)


第6話 「不正選挙の本考察(3):改憲投票の問題。緊急事態条項の成立でドル円通貨大暴落と預金封鎖と破綻倒産の引き金が?! ─戦後日本の近代的平和憲法は自由と主権と経済も守っていた無敵カードだった─」(JP)

" Issue of suspicious fraud elections in Japan, Part3: one of problems about the constitutional amendment. ...Would it be triggered to the both dollar and yen currency crash, deposit blockades, and breakdown bankruptcies, after having been completed the provision regarding national emergencies into the constitution in Japan ? ...Thus it also meant: the modernistic peace constitution of Japan might have been like as the very rare card itself which having protected the freedom, human-right, and stable economy so long in Japan and worldwide after the WW2. "


多忙で時間なく作成途中です。計4ページです。後日、完成版をUPします


■更新履歴
2018.09.27. ソース少し追加
2018.08.12. 部分公開





Q1:憲法ってなに?
A1:…じつはネトゲ廃人だった私も、よく知りませんでした。
以下マンガ、わかりやすくておすすめです。




by N2サービス/豊橋いのちと未来を守る会
続きは公式で http://nabecomic.com/inomira/have_to_know.html


上記の解説マンガ内の4ページから引用させていただいております。
改憲し、秩序的な思想を国民に組み込ませようとしている?という懸念があります。

今後、第98・99条に「緊急事態条項」の新設だけでなく、さらに第102条をも新設して、「公益及び公の秩序」の思想の概念、および国民に強制などを、憲法へ組み込む予定といわれています。
つまり、日本でも改憲を利用しての、国民の思想統制へ向けた動きが、すでに始まっていることを示す端緒(たんちょ)の一例と、いえるかもしれません。








Q2:日本の憲法って、米国GHQの「押し付け」って話もあるけど?
A2:…押し付け憲法ではないようです。




解説マンガ by N2サービス/豊橋いのちと未来を守る会
続きは公式で http://nabecomic.com/inomira/Should_know.html








Q3:日本の現憲法って、国民が守る義務あるの?
A3:以下どうぞ


> http://radiotalkrecording.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
> 伊藤弁護士が語る『ご存知ですか?日本国民は憲法を守る義務なんてありません。』








Q4:改憲の緊急事態条項、危険な問題点が?
A4:以下どうぞ。当ブログの 番外編7 でも、くわしく書いています


http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d7e7c627f1388d97a231e032a8b9d547
濱田元最高裁判事が断言、改憲の最優先項目に掲げる緊急事態条項について「正気な人が書いた条文とは思えない」


http://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12122464670.html
緊急事態条項とは=まとめ、解説


http://lite-ra.com/2015/11/post-1674.html
「改憲は緊急事態条項から」と明言! 自民党が目論むのはナチスと同じ手口?その危険すぎる中身とは…




…あと、「緊急事態管理庁は、米国の連邦緊急事態管理庁(FEMA)を参考に」、という文言でも検索してみてください
(朝日新聞記事2014年8月1日など)


http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2543.html
「日本版FEMA」ができるという意味は、米国と同様、日本政府が半ば民営化し、「日本軍隊化計画」のための法案整備の流れか










ほか、当方多忙で途中原稿ですが、ページ2・3抜粋を置いておきます






(幅1400サイズ画像)






…多忙で当方時間なく、後日にソース追加していきます









■あとがき(ちょっとだけ)

 最近ツイや某匿名掲示板で拝見したのですが、ある一部の同人作家らしき方が、「アダルト系の創作作品に、刑事犯該当の猥褻問題を回避すべく、モザイク規制を強制されている現状は表現の自由の侵害だ」として、各行政をはじめ、特に日本漫画家協会に電話や文書を執拗に送りつけているらしき様子を少し見てました。

 私個人的には、モザイクや黒塗りは仕方ないかなと思っています。
 それに最近の作画ソフトなどのアクション機能を使えば時間も一瞬でできますでしょうし…範囲指定→ボタンひとつでパッと仕上がるでしょうし。
 というよりも、ロリペドショタBL系多い日本の文化そして創作物において、モザイクや黒塗りが入っていて直接的な描写が避けられてきたからこそ、海外からの執着をこれまでなんとか免れてきたともいえるかもしれません。(最近のBL系では消しが薄いとされる指摘もあるようですが)。

http://otapol.jp/2013/12/post-512.html
「もはや定期ポスト!? BBC記事「なぜ日本は児童ポルノマンガを禁止していないのか?」を読み解く」(2015年01月)



んでこの画像は、海外記者によって、槍玉にあげられている同人誌即売会イベントのサンクリ(サンシャイン・クリエイション)の写真という。


 私自身いままで表現規制の実態調査のために1冊しか購入したことのない(数年前に廃棄したのでいま私の手元にはありません)商業マンガ雑誌LOなどでは、その出版社が、たしか日本語か英語だったかは忘れましたが、「日本まで表現規制の法的規制が強まるからネットのP2Pなど放流は止めてください」とまで希求を出してて話題になったくらいです。
 最近では傾向が強まっていますのでなおさらです。以上は、海外新聞らによって、日本国内の同人誌即売会イベントのサンクリ(サンシャイン・クリエイション)が叩かれている記事でしたがほかにもいろいろと。

https://twitter.com/arapanman/status/744441364285267968
海外記者や、外国人観光客がアキバのオタク文化を叩いている様子も。2020東京五輪のこと考えると背筋が凍ります。



 それに、私は別に日本漫画家協会の肩をもつわけではありませんが(都条例問題のときは、ちばてつや氏など理事らが総出で反対なさっていらっしゃたのには頭が下がります。児ポ法のときは理事の一人の赤松健氏らが創作物規制阻止のため、UQホルダー連載準備・連載中のさなか国会などに足を運ばれていましたし。ですが一方で、TPPの強い著作権については一部の大手漫画家の方々が我々は受益者だと断言しているところには私は個人的に頭をかしげてしまいました。TPPなどにより資本主義と新自由主義が台頭した結果として、これまでのマンガの買い手だった若者や中年層などの市民が貧困化した場合、また外資の圧力によって表現規制が進み裾野が狭まってマンガ家やゲーム業界の同業者同士が醜い顧客パイ争い(どれも表現や展開が似たり寄ったりの作品となって買い手に飽きられるので顧客争奪戦の蟻地獄)となったとき、それで果たして受益者だといえるのでしょうか?と思ったのです。)

 まぁそれはともかく。

 このモザイクについては、海外のオタク系画像掲示板をのぞいてみると、「censored」(日本語で直訳すると:検閲削除が入っている画像)としてカテゴリ分類されてます。
 日本では、コミケ顧問の経験のある山口弁護士らが、逮捕された被告側の商業マンガ家らの弁護人を務めて、長期間に渡り係争した「松文館裁判」がありました。判決では、その逮捕された商業マンガ家は有罪のままとなりました。実写にくらべると、絵画は猥褻性が低い云々とはなりましたが、結局、被告弁護側が希求していた、商業マンガ家や出版社が一体どの程度のモザイクや消しを入れれば容認されるのかの明確な基準の答えは得られなかったようです。さじ加減不明。胸先三寸。一寸先は闇。ってやつでしょうか。


 で、海外をみると、日本と同じアジア圏、たとえば韓国とか台湾もおなじく、創作物の絵であっても、モザイクがはいってないと警察が逮捕にくるようです。

http://otapol.jp/2013/12/post-512.html
「見本誌チェックを怠ったツケか? 台湾の大手同人誌即売会で18禁サークルが現行犯逮捕」(2013年11月28日)





 最近の韓国だとアチョン法(日本でいう青環法みたいなもの)ができたので、モザイクはいっててもロリペドショタBL系の創作物は、所持だけでも逮捕にとかいう大変なことになってるようです。


http://otapol.jp/2013/09/post-7.html
「(アチョン法)大量逮捕は「警察の点数稼ぎ」?未成年もどんどん逮捕される韓国の二次元規制」(2013年)


https://twitter.com/ogi_fuji_npo/status/815243826738569216
「(アチョン法の合憲判決以降)韓国の女性作家たちが、BL作品の絵柄が18歳未満に見えるとして...検挙され...最低5年の懲役...性犯罪者として実名公開」(2016年)


http://buzzap.jp/news/20140423-yaoi-arrested
「二次創作のBL小説を書いた罪」で腐女子が一斉逮捕される。約20人が逮捕されサイトは閉鎖。(中国、2014年)



 …ですので個人的には、日本にもあるモザイク規制や黒塗り強制自体は、表現規制における深刻な侵害だとは私には思えないのです。
 米国や英国や北欧などでロリペドの創作物の所持で逮捕されてきた(一部は裁判を経て無罪釈放されたケースもあったようですが)のをみれば、まだ日本は「辛うじて薄氷の上に立っている」というか、ギリギリ恵まれているのではないかとも思えたのです。


https://twitter.com/agitadashi/status/344508503576158208
「スウェーデンの漫画翻訳家の逮捕の根拠の一つとなった絵の写真が週プレに載っていたが、確かにロリータ風だが乳首も見えていない少女二人の漫画絵...」


 まぁ為政者が、仮に「人口削減の国際的合意の形成や老後保障」は行わず逆に、世界的に、ワクチン強制・人工ウィルスなどと思われる疫病の蔓延・国家間戦争や市民戦争煽り・遺伝子組み換え食物と枯葉剤・原発放射線・携帯電話電磁波・飲用水道水薬物混入・年金財源は株などのペーパー券に投入・多国間貿易交渉・移民流入推進・Manga議連やMangaナショナルセンターには税金を投入しつつも保育園落ちた氏ねなど放置・高プロなど過労死させても企業の責任放免・低所得帯や貯蓄ゼロ世帯層でストレスためた親のもとで行き場を失った子どもたちは児童養護施設に収容・貧困スラム街と格差放置などなどつかって、あのジョージア・ガイド・ストーンよろしく「人口削減ビジネス」をやっていると考えれば、アジア圏やアフリカ圏において創作物の猥褻表現に関する法的規制が一辺倒的に強い傾向にあるのも想定内ではないかとも思えたのは私の気のせいでしょうか。

 …なので私個人としては、TPP外資参入、または、カジノで外人観光客が増えて秋葉や同人委託店が潰されていく恐れのほか、青環法や条例や今後の改憲「公益、公の秩序」などなど別の方向で現状維持していくだけで精一杯の状態といってもいい状況とも思えるこの状態のさなか、モザイク規制に関し反対声明をだすよう強要するかのような姿勢には少し心配になってしまいました。でも個人の思うところは自由ですしそういう考え方の是を云々いう権利は私個人にはありませんし、なんとか自己解決や納得帰結など平穏になればいいなぁとも思っております。モザイク規制のない国に住んで創作活動するという手もあるかもしれませんね。

 さて私のブログの、こうした連載や書き方は、私の反権力思想?反米思想?無政府主義(アナーキズム)?革命ごっこ?ファンタジー世界でも解消されない現実欲求不満からくるオタク(←この場合、差別用語の単語としても使われていますね)の不満の吐け口?果ては、代理ミュンヒハウゼン症候群?


 …いえいえ。単なる、
「ソーセージと法律の作り方を知る人は、もはや安眠することが出来ない。」に過ぎません。
Wer weis, wie Gesetze und Wurste zustande kommen, der kann nachts nicht mehr ruhig schlafen.

(ドイツ語ですね、読み方はたぶん、ヴェア ヴァイス、ヴィー ゲゼッツェ ウント ヴルステ ツースタンデ コメン、デア カン ナハツ ニヒト メア ルーイヒ シュラーフェン でしょうか? 間違ってたらすみません。 後半をさらに細かく訳すると、夜にnachts そんなに長くmehr ruhig 寝ることができないkann nicht...schlafen、かもしれません。)


 さて、もし現状のオタク文化に関与せず、のちのち問題の火種となる税金投入などもせず、そのまま放置の姿勢で現状維持してくれて、事故ったら広域に渡って数百年~数千年も自然を汚す惨事確定の原発もやめてくれるような権力などであるならば、私は諸手で支持するでしょう。

 ですが現状はどうでしょうか。

 すでに商業18禁ゲームはレイレイ事件の煽りを受けて倫理規制を強要され、日本国内でも倒産・解散が相次ぎ、業界斜陽になってしまいましたし。年取ると興味がなくなってきますが、それでも毎年1本買っていた自分の好きだったある純愛/陵辱の両建てシリーズものを出していたゲームメーカーも長く持たずにつぶれてしまいスタッフも離散してしまいました。
 
 次の余波は、商業マンガでしょうか、それとも同人誌界隈でしょうか。。



SexualDesire_to_NonexistentPersons_might_not_be_abuse_and_crime_From_TarouYamada_s_chart

大政党と組織票が優遇されており、中小党にはかなり辛い比例区で39万票も集めながらも落選した前参議院議員の、山田太郎氏による、性的欲求と非実在人物と性犯罪に関するチャート相関図の一例




 …規制動向の件は結構深刻ですし、ほかの件も書きたいのですが時間もなく、後日、また追記したいと思います。

プロフィール

savecomic

Author:savecomic
拙作マンガです。多忙合間に書いてますが、なるべく隔週更新予定。各マンガは現実を題材とした真相追求型フィクションであり、実在の人物・団体等との関係またその批判・誹謗・中傷やその教唆等を意図したものではありません。拙作拙文で、自分は外国語も苦手です。当方多忙で時間取れないなか、なるべく誤りの少ないよう配慮しておりますが情報は古くなることもあり何卒ご自分で再調査下さい。引用URLは必ずしも推奨しているものではありません。引用画像があるため金銭授受を伴わない限り各自責任にて私のマンガ部分(例えば私の書いた絵など)は内容や論旨の改変がない限りそのまま自由に転載可能です。(私が引用させていただいてる写真画像については、今後TPPや改憲などで著作権扱いがかなり大きく制限される可能性がありますので転載時には十分ご注意ください)。
(US version)
https://savethecomic.wordpress.com/

最新コメント