FC2ブログ

記事一覧

番外編7 「なぜ改憲の緊急事態条項(国家緊急権)は危険?」(JP)




(幅1400サイズ画像)


Why would the introduction of the provision regarding national emergencies into the constitution of Japan (power to national emergency) be so danger?


多忙で睡眠時間もほとんどとれず作成途中です。後日、完成版をUPします。


※ 一部のセリフをより正確に修正しました。すみません
該当箇所:「かつてナチスの全権委任法は、250回もの緊急令に続いて登場し、延長法にも…」。

詳しくは後述しています。詳しく調べなおしてみたところ、「緊急令を250回→全権委任法」という意味みたいでした。全権委任法は当初、時限法でしたが、延長法に変更されました。以下ソースが正と思われます。
( http://article9.jp/wordpress/?p=6656 )




■更新履歴
2018.09.30. 一部修正
2018.09.27. 部分公開





Q1:「#ヤバすぎる緊急事態条項」って?
A1:以下どうぞ



https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2017/170217_3.html
(JP)
日弁連(JFBA):日本国憲法に緊急事態条(国家緊急権)を創設することに反対する意見書



https://www.nichibenren.or.jp/en/document/opinionpapers/20170217_3.html
(US)
Japan Federation of Bar Associations(JFBA): Opinion Opposing the Introduction of the Provision Regarding National Emergencies into the Constitution of Japan



https://iwj.co.jp/wj/open/archives/279662
「人権を制限するのが国家緊急権。何でも出来るジョーカー。現在の日本、国家緊急権は災害やテロが起きても不要」「すでにおなかいっぱいの状態」



http://tanakaryusaku.jp/2016/01/00012761
ほしいまま 戒厳令(かいげんれい)



http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d79fbe96cb6c8d15762dede4c3721522
フランスの非常事態宣言より100倍ヤバい、人権停止がエンドレスの改憲草案「緊急事態条項」



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4053.html
マイナンバー、預金封鎖、緊急事態法、日本版FEMAは一つ



http://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12122464670.html
緊急事態条項とは=まとめ、解説



https://johosokuhou.com/2018/02/17/858
自民党が憲法改正の下準備を本格化!年内に発議か



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3179.html
密約法体系がある限り、「基地」と「原発」は止められない?
護憲派、改憲派の対立なども、しょせんは幻想か。
日本国憲法は(たとえそれがすばらしい内容であったとしても現在十分には正常に)機能(すら)していないといえる。





…あと、「緊急事態管理庁は、米国の連邦緊急事態管理庁(FEMA)を参考に」、という文言でも検索してみてください
(朝日新聞記事2014年8月1日など)



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1729.html
自民党のFEMA創設計画とNSC創設、CFR雑誌に記載のTPPや、東京ターニングポイントの福島311?


かんたんにいうと以下みたいな感じ?
米国 FEMA もどき → 日本の 緊急事態庁
米国 NSA もどき → 日本の NSC(国家安全保障会議)



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2543.html
「日本版FEMA」ができるという意味は、米国と同様、日本政府が半ば民営化し、「日本軍隊化計画」のための法案整備の流れか




 …上記の記事にキャプ写真として紹介されていましたが、晴海で予行演習?
なるほどですね。2020東京五輪開催中のコミケ会場でなにも起きないといいのですが。




 たとえば…。




 2020年の東京五輪開催中のコミケ会場→ テロ(もどき)発生→ オタク(と、雇われて海外から来日していたクライシス・アクター達も演技しまくってSNSで生中継など)阿鼻叫喚(あびきょうかん)→ パニクった人たちが行列ドミノ倒し、人ゴミの中での発砲音(擬音?)や爆発音(こちらも擬音?)や煙幕(発炎筒?)みたいなもの、頭踏まれたり転落して死傷者(死因の主原因は不明)まで発生→ 隣の会場施設にいた海外記者らがワイワイ集まり911と同様に現場実況をはじめる→ 海外記者陣のカメラの背景に、過激なロリペド同人誌や、無理やりな攻めに特化した過激BL同人誌や、ブース設置されている抱き枕やタオルやポスターやPOPなどのデコレーションが大量に映しだされる→ 逃げ惑う児童がなぜか最終日の3日目(または4日目)なのにアダルトブースにいる→ ひどい場所だ~規制してないのか~しかも親が子連れでアダルトブース歩いていたとかひどい場所だな~日本のモラルはksすぎるぞ~同人誌も倫理機関の審査通せよ~と批難が世界から殺到する→ ほら見ろ~テロ対策に必要だと緊急事態条項の成立加速、サブカルの表現規制、日本のオタクはやっぱり社会悪だった~、ご覧ください!20万人の●崎●です!、世界の恥だ~、同人誌に対する倫理審査シール利権の拡充などなど、世論喚起もできて、一石四鳥か??


 世論が誘導され、稚拙な感情論が大衆間で飽和すると、もはや、日本の性犯罪と児童誘拐犯は犯罪統計で世界と比較して暗数込みでみても低いよとか、二次元と現実は違いますよと論理的な話を持ち出してみても、無意味になってきます。過去のレイレイ事件みたく。まぁそうならないといいのですけど。



SexualDesire_to_NonexistentPersons_might_not_be_abuse_and_crime_From_TarouYamada_s_chart


 CPTPPにより、海賊版サイトをネット情報の「緊急避難」と同様の扱い方をして某大手ISPプロバイダーが自社ブロックリストに登録し強制遮断ブロッキングした騒動の件や、日欧EPAあるいは海外ロビーをのんだのか著作権保護期間を死後70年間へと延長に関連法を押し切った前例などもありますからね。






 次に、フランスの同時多発テロと非常事態宣言について少し。


http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4030.html
パリの同時多発テロの犠牲となったという「シャルリー・エブド(CHARLIE HEBDO)」の最新号の表紙


なぜか、風刺の雑誌社まで爆破されて、記者死亡したとまでいわれています。体制批判や権力監視という観点からみれば同志ともいえるのに、なぜその雑誌社をわざわざ爆破したのでしょうか?

こうしたメディアの記者を狙った事件は日本でも、1987年5月3日の憲法記念日に、朝日新聞の阪神支局の記者らが、改憲派らしき犯人に散弾銃で撃たれ複数人が死傷した赤報隊事件を彷彿とさせます。脅迫文の内容のひとつに「あさひしんふん」に送られた内容「とういつきょうかいのわるくちをいうやつはみなころした」の手紙が、薬きょう2本といっしょに添えられていました。改憲派っぽくて反日を嫌う犯人らしいことから、赤という名前がついていても、護憲派の日本共産党ともまったく違うでしょう。(というかいつの時代も戦争前には共産党は犠牲になってきて可哀相ですね…ニーメラーの詩にあるようにドイツのナチスのときにしても、朝鮮戦争の補導連盟事件にしても…)。赤報隊事件Wikipediaではなぜか省かれていますが、ネットを探せば当時の写真もみつかると思います。





で、フランス非常事態宣言。非常事態宣言の解除直前のタイミングにふたたび事件が発生して、非常事態を再延長しました。その現場となったフランスの街、ニースの件でいくつか。

hoax (でっちあげ)、false flag(偽旗作戦≒やらせ)など、911の inside job(政府の自作自演)、cover-up(政府による情報の隠蔽) の時と同様に単語タイトルなどでyoutubeの動画うp(と削除祭り)が散見されたようです。


http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/9050d0be09d1e466b4597f0f0078a8fe
ニース暴走トラック事件:犠牲者にマネキンが“動員”の証拠が?


http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/84b9b5ab977b7727b508f50127866b8b
ニース“殺人トラック” の謎:84人殺して全然血痕が無い?


http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/d4e9511d7a534f45f11603edb045db23
ニース“殺人トラック” で、警官らに射殺されたはずの容疑者、なんと生きていて事件当日はチュニジアに居ました、と顔だしビデオで事件関与を否定?!


http://saigaijyouhou.com/blog-entry-19462.html
【速報】フランスが徴兵制度を復活へ!マクロン大統領が表明!18歳から21歳の男女
> 徴兵制度を復活した背景には、相次ぐテロ攻撃や兵士の不足があり(以下略)


と、非常事態宣言の相次ぐ延期→ 恐怖心の植え付けと、大衆心理の惹起→ 徴兵制度再開へ。ものの見事な国民誘導になってました?といえるでしょうか。















…以下は前回の本編第6話のソース文から再度引用



http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/d7e7c627f1388d97a231e032a8b9d547
濱田元最高裁判事が断言、改憲の最優先項目に掲げる緊急事態条項について「正気な人が書いた条文とは思えない」



https://iwj.co.jp/wj/open/archives/271317
「災害時に、国家緊急権は役に立たない」
むしろ、人権や財産権が制限されてしまうので危険



http://lite-ra.com/2015/11/post-1674.html
「改憲は緊急事態条項から」と明言! 自民党が目論むのはナチスと同じ手口?その危険すぎる中身とは…









Q2:ナチスの全権委任法? その前にも、ワイマール大統領の緊急事態令が250回?
A2:以下どうぞ


http://article9.jp/wordpress/?p=6656
「緊急事態条項」の危険性


> 国家緊急権(規程)は、支配層にとって喉から手の出るほど欲しいもの。

> ナチスも、国家緊急権を最大限に活用した。
> ヒトラー内閣はワイマール憲法48条で共産党を弾圧して議会を制圧し、制圧した議会で、悪名高い授権法(全権委任法)を成立させた。
> 授権法は、国会から立法権を剥奪し、独裁を完成させた。


> (戦前の日本の)明治憲法には、戒厳大権・非常大権・緊急勅令・緊急財政処分権限などの国家緊急権制度が、手厚く明文化されていた。
> 最も民主的で進歩的なワイマール憲法に、大統領の緊急権限条項があった。
> ナチス政権以前に、この条項は250回も濫発されていた。
> ナチス政権は、この緊急事態法を活用して共産党の81議席を奪い、
> 授権法(全権委任法)を制定して国会を死滅させた。




http://article9.jp/wordpress/?p=6154
「緊急事態条項」は、ナチスの「全権委任法」にそっくりではないか


> 大江志乃夫著の「戒厳令」(岩波新書)の前書の部分に、次の趣旨が。
> 「緊急事態法制は1枚のジョーカーに似ている。
> 他の52枚のカードが形づくる整然たる秩序をこの一枚がぶちこわす」




…ナチスの権力掌握と全権委任法の成立の背景に、当時250回も濫用して使われていたワイマール大統領の緊急令がありました事にご留意ください。

全権委任法自体も、もともと期限法だったのが、延長法に変わりました。

詳しく説明しますと、ナチス以前にも、当時の旧ドイツのワイマール(Weimar)国(ドイツ語発音はヴァイマル)の憲法内の大統領の緊急権限条項が250回も濫用されていました。というのも、当時も本来は議会制だったのですが、貧困や失業が相次いでいたので大衆不満からワイマール大統領が自ら緊急権限を繰り返し使っていたらしく、それを当時の大衆も徐々に支持していきました。そして、その状況下を活用したナチスはさらに全権委任法を作り、制定当初はそれは1937年4月1日までの時限法でしたが、後年、1937年に期限が切れると延長法に変更しました、とのことです。

国内wikiなどには書かれていないとても細かい情報ゆえ、当方でさらに詳しく勉強しなおして後日またセリフ内容を再変更するかもしれません。









とりあえずほかの件を、いくつか先に。


・某首相「私は立法府の長」のトンデモ発言
・元最高裁判官「世界に例をみない悪法に」
・弁護士さんとのIWJ対談「環境権を入れると、かえって乱訴が増える」

・「日本が破綻するってマジ?…現在は日本国民からの借金だから更に財産没収(財産税)として日本国民から召し上げられる、この負のスパイラルが繰り返される、とすると。つまり(以下略)」



http://buzzap.jp/news/20160518-rippoufu-no-cho-abe
【10年ぶり2度目】首相が本気で「私は立法府の長」だと勘違いしていたことが判明(2016年)



http://ichienyuugou.blog.fc2.com/blog-entry-3297.html
菅官房長官が逆ギレ 仏記者が指摘した09年の「自民提言」(日刊ゲンダイ記事より)[2014年07月12日]



http://www.kanaloco.jp/article/147296
浜田元最高裁判官いわく「(緊急事態条項が新設されると)世界に例をみない悪法になる」



https://iwj.co.jp/wj/open/archives/279662
改憲で、環境権を入れると、かえって乱訴が増える恐れ



http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-5687.html
日本の対外「資産」の1000兆円も、円高が進む或いはドルが弱くなっていくと、ドル換算なので、半分の500兆円に減る。ほかに、対外「債務」もある。

パソコン部品を無闇に買い替えるパーツオタならば円高(過去の1ドル80円~90円)だとグラボやCPUやメモリを一時的に安く買えたので嬉しかったかもしれないけども、その時期から、そのぶんだけ逆に日本の自分らも周りの人たちの生活もドンドンきつくなっていったと。(今は1ドル110円~120円の円安になっています。というのも最近の各国での通貨暴落も相まって、投資家がアメリカに戻ってアメリカ国内に資金が還流しているほか、または為政者によるアメリカ破綻を延命させるための一時的措置によるものとも思われます。)


http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4515.html
…世界的な債券バブルの終了、すなわち日本の終了?


まるで罠かのように、国際決済銀行(BIS)のバーゼルIII目録(2019年実施計画)には、金塊らはリストアップされておらず、紙切れとなりやすいペーパー券が…。


日本は米国の国債も大量に購入したまま(2016年時点の公表数値で1.1兆ドル=132兆円の米国債を保有(当時で120円/$換算)。もし米国の国債が暴落すれば日本が抱えている132兆円の資産の価値も一瞬にして…。ほか対外資産の逆の対外債務も。


http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4720.html
日銀・黒田総裁のオフレコ発言「日本国債は、もうダメかも知れない」(週刊ポスト2015年3月20日号)


為政者らはすでに中国の人民元を新たなアジアの通貨基軸として設置しようと段階的にすすめているような記事があることからも、日本の円の大暴落と、日本経済の突発的な失墜(しっつい)は、あらかじめ既に計画されているのかもしれません。


…どうすればいいのでしょう?


答えの一つはおそらく明白かもしれません。前々回の本文にも書いていましたが、日本は不換紙幣(ふかんしへい)をやめて、すべてを兌換紙幣(だかんしへい)、つまり、単なる紙切れ同然の不換通貨をやめて、金塊ゴールドに担保した兌換通貨に戻すことで(金本位制)、世界恐慌に見舞われても自国における経済被害は軽微になるかもしれません。まぁ利権まみれらしく次々に不審死もおきている今の日本では到底無理な話でしょうけれども。で、もし兌換紙幣となると、国家間の戦争がしにくくなるほか、国や自治体が無闇な赤字予算を組めなくなりますし、改憲の必要もありませんし、早く脱原発し日本の原発も止めれば福島事故の汚染度合い(地下の堆積デブリ、トリチウム水の海洋に大量放出、もう再処理工場でも満杯で置場もなくなってきた使用済み燃料棒など)はあと数千年間は残るでしょうけれども、最低で見積もっても経済的には平和的にも極東亜における資金保管としての小国を作れるでしょう(鉛箱で囲わずに保管していた金塊の原子核が核分裂をおこして保管ゴールドの純度が落ちたり、いまだ地下に眠る小さな金鉱脈が台無しになるかどうか等までは知りませんが)。これで海外の個人の投資家らは安全に日本に資産を長期的に避難させることができるかもしれません。(現在、中国も日本国債を多く買ってくれていて日本は助かっていると言えるかもしれないし、ドルを売って日本国債を買っても辛うじて少しの利益がでる状況下では海外投資家も日本国債を買ってくれているのかもしれない、けれどもそれは一時的なものかもしれず、近い将来に日本の円にかわってアジアにおける中国の人民元に通貨機軸切り替えの体制が完成するためまでの煙幕なのかもしれないとする見方までもあるようです。または、日本国内における急激な賃金インフレにより、政策金利が上がってしまって海外から日本国債がそっぽ向かれたとき、なども考えられます。…そうなってくると今後、日本国民が、個人向け日本国債を買うよう日本政府に義務付けられるようになるのかもしれません)。


 すでに日本のヘリコプターマネーは進行してしまったようで(金融緩和や長期マイナス金利という失策のせいで、日銀の国債保有率が、民間銀行のそれを追い抜いてしまっている、ほか、日本国民資産の海外への流出や、日銀が多くの民間企業の大株主にもなってしまっているトンデモ状態)、財政ファイナンスや、未来への借金がふくらんでしまういわゆる財政投融資(無謀な借金予算)やETF購入までもが進められているようですので、もし緊急事態条項の改憲が成立して関連法が発布・施行されれば、日本が、世界同時大恐慌という世界の経済システム破綻の引き金とされてしまうかもしれません。なにせ、原爆を2つも落とされたという、世界的にみても為政者らに見下されていた国ともいえますからね(戦争は道徳や理性というものもすべて破壊してしまうといえます)。

 戦後しばらくたって再び、政治に興味すら持たず現実をみないといった傲慢な態度に戻ったかのような最近の日本人は、私も日本人ですが、また踊らされて悲劇に見舞われるのかもしれません。(かくいう私も寡聞にしてまだまだ未知部分が多く時間もなく勉強がたりません。おばかな政治オタクという単語は私にとっては誉め言葉となっています。…「権利の行使を怠った者には、法による助力を与えるには値しない」からです、つまり「無関心」「現実逃避」こそが一番こわいといえます。もしそこに0.1%であっても別の状況がみられるのであれば、関連事象のすべてを頭ごなしに全否定することはできないのです)。


 世界の株式市場をみてもすでに最新アルゴリズムを搭載したAIのBOTが自動で売買取引をはじめているようです。機械的ないっせいの売り浴びせが各地で同時大発生し連鎖すると、大恐慌の引き金となるし、めちゃくちゃに暴落して経済システムが破綻して困窮した人類が、その原因を作ったBOTを責めたところで所詮は機械のBOTは責任とらないし仕方がない、つまり為政者の予定通り、というところでしょうか。

プロフィール

savecomic

Author:savecomic
拙作マンガです。多忙合間に書いてますが、なるべく隔週更新予定。各マンガは現実を題材とした真相追求型フィクションであり、実在の人物・団体等との関係またその批判・誹謗・中傷やその教唆等を意図したものではありません。拙作拙文で、自分は外国語も苦手です。当方多忙で時間取れないなか、なるべく誤りの少ないよう配慮しておりますが情報は古くなることもあり何卒ご自分で再調査下さい。引用URLは必ずしも推奨しているものではありません。引用画像があるため金銭授受を伴わない限り各自責任にて私のマンガ部分(例えば私の書いた絵など)は内容や論旨の改変がない限りそのまま自由に転載可能です。(私が引用させていただいてる写真画像については、今後TPPや改憲などで著作権扱いがかなり大きく制限される可能性がありますので転載時には十分ご注意ください)。
(US version)
https://savethecomic.wordpress.com/

最新コメント